「真の霊界の道具になるために」

2016年がスタートしました。

地上世界ではテロ行為が激しさを増し、多くの難民を生み出しています。地上のさまざまな悲劇をマスメディアによってリアルタイムに感じ取ることができますが、世の中の動きに不安や恐怖心を抱くことなく、地上人類の霊的救済という大プロジェクトにおける地上の一兵士として果たさなければ責務に全力を注いでいきたいと思っています。

2015年12月の読書会では、メンバーの各自がスピーチを行いました。
以下は、私のスピーチです。

『・・「真の霊界の道具になるために」・・

スピリチュアリズムに出会い、霊的人生を歩み始めてから、最も困難に感じられたのは、どのようにしたら霊的エネルギーを取り入れることができるかということでした。厚い肉体の壁に被われている私たちが、霊と霊との係わり合いを持つためには、意識レベルを最高度に高めようとする努力が必要です。

心が不安定な状態、不安の念やあせりや恐怖心などが心を占拠している時には、容易に意識レベルを高めることはできません。そんな時には、霊訓に縋(すが)るようにしています。シルバーバーチの霊訓の文章の中へ中へと意識を深めて行く時、時折、ある種の不思議な霊的体験をしているような感覚に陥ることがあります。例えて言えば、本の中へと身体が引きずり込まれていくような感覚です。その後、霊界との繋(つな)がりが、急に密になったような感覚になって、まさにシルバーバーチの交霊会に出席して、そこで霊媒・バーバネルの優しくも威厳のある低音で告げられる言葉を聞いている情景の中に自分が居るように感じられるのです。その状態は、永くは続きませんが、その後とても清々しい気分になって、意識レベルが高まっていることを自覚することができます。

そのような心の状態になれば、霊的視野がよみがえり、地上の困難な出来事を高い心境で眺めることができるようになります。霊力の流入を強く感じ取ることができるようになると、祈りや日々の疲れを癒すセルフ・ヒーリングを行う心構えが整います。心が霊優位の状態になってはじめて、利他的な愛を地上の霊的兄弟姉妹に抱くことができるようになります。霊界の道具となった私たちは、霊的エネルギーを最大限に取り入れ、霊界からのインスピレーションを受け取っていく努力を続けていかなければなりません。

スピリチュアリズムの進展のためには、霊界と地上界の架け橋となる地上の道具が必要です。地上の道具とは、地上の霊媒に他なりません。霊媒としての資質を高めるためには、霊と霊とのつながりを密にする弛まぬ努力が必要です。心が利他的な愛で満たされている時、高い界層における霊的存在との係わりが強められ、霊界からの援助を受けることができる真の意味での霊界の道具になれるのです。

スピリチュアリズムの主役は、イエスを中心とする高級霊団です。霊界サイドでは、すでに計画は出来上がっており、今この瞬間も、休み無く着々と進められています。私たち地上人がお手伝いすることができることは、ほんのわずかですが、私たちのような地上の道具無しには、計画は進展していきません。私たちは立ち止まらず前進していかなければなりません。

真理普及の道において困難はつきものです。スピリチュアリズムの進展状況を見ることができない私たちは、すぐに気力を失いそうになったり、守護霊や霊界の方々の何よりも深い愛の力で包まれていることを忘れがちになってしまいます。

今まで幾度と無くシルバーバーチの言葉に助けられ、勇気をもらったことでしょう。そして、私に霊的真理に出会った時の感動と決意を思い起こさせてくれたことでしょう。そのことを忘れないように、たった一人の人でもいいので、霊的真理を手渡すことができれば、どんなに幸せなことでしょう。

霊的真理を伝えることは、神の愛を伝えることに他なりません。そのためには、霊的真理を正しく理解し、それを実践し、神と神の摂理に対する絶対的な信頼を持ち続けることができるように日々自分自身を高めていかなければなりません。

シルバーバーチは「あなた方は自らが大霊の一部であることを忘れてはいけません。あなた方一人ひとりが、大霊の仕事・大霊の力・大霊の愛・大霊の知識に貢献できるのです。(シルバーバーチの教え・上・91)」、「霊的真理を武器として、あらゆる迷信、あらゆる邪悪と戦い、尊い真理の光で地上界を照らしていただきたいのです。(シルバーバーチの教え・上・73)」と語っています。

これから先、自分自身にできること、自分自身に与えられること、自分自身がしなければならないことは、真の霊界の道具になるように努力することによって、自然に決まっていくものだと思っています。この地上世界を少しでも明るく住みやすい場所にするために、すべての地上人が霊的成長を達成することができるような場所にするために、神の意図されているような地上世界が一日でも早く実現するように、スピリチュアリズムの更なる進展のために、真の霊界の道具になることをこれからの努力目標にして、忍耐強く前進していきたいと思っています。(E・H)』

*なお、引用にあたっては、スピリチュアリズム普及会の許可を得ています。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

E.H

Author:E.H

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ