11月の読書会を終えて

 「シルバーバーチは語る」より、「再生(生まれ変わり)」について学習しました。

 前世において幾度かは、この地上で人生を体験し、失敗や挫折を繰り返しながらも霊的に目覚めることなく一生を終え、やっと今世でスピリチュアリズムに出会えたのが、現在の私なのかもしれません。

 「地上に生をうけるとき、この地上で何を為すべきかを魂自身はちゃんと自覚しております…」というシルバーバーチの言葉のように、私も、自分自身の為すべき道、辿るべき運命をあらかじめ決めて、この地上に誕生したのでしょう。
 現在、スピリチュアリストとして第一歩を踏み出しているのは、陰ながら私を愛し、守護し、導き、ある時はインスピレーションを吹き込んでくれた守護霊の献身的な尽力があればこそです。

 私の背後には、私自身がこの地上では到底認識できないほど巨大な潜在意識が存在しています。その霊的意識から、より多くの意識を引き出し、自分のものとして自覚することができれば、どんなに素晴らしいことでしょうか。
 そのためには、一歩一歩霊的成長がなされることが必要です。

 再生についての霊的真理は、複雑怪奇ともいうべきもので理解するのは、とても困難に思えるところもありますが、その反面、深遠なるロマンのようなものを感じることができ霊的真理の奥深さに、胸を打たれます。
 生前に予定していたであろう私自身のカルマを、この地上で少しでも多く清算することができ、類魂(グループソウル)の代表として、この地上での生活に幕をおろした時に、類魂全体の霊的成長に少しでも貢献できたとすれば、私の今世の人生は無駄ではなかったことになります。

 パーソナリティ(地上での人物像)は、二度とこの地上に再生することはない訳ですから、自分自身に最大限為せることは何かを考え、今の人生を大切にしたいと思います。
 そして、これからも苦難の道は続いていくことでしょうが、
「金塊がハンマーで砕かれ磨きをかけられて初めてあの輝きを見せるように、神性も苦難の試練を受けて初めて、強くたくましい輝きをみせるのです。」というシルバーバーチの言葉を励みに、良き神の霊媒になれるように精進したいと思います。(E.H)

 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

E.H

Author:E.H

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ