5月読書会

5月の読書会も引き続き、ポールとルースとシルバーバーチとの対話から霊的真理について学びました。

その対話の中で興味深いのがポールから質問した「シルバーバーチが地上に降りてからの地上の変化について」のシルバーバーチの回答です。

シルバーバーチは地上の変化について、「物質的な面では非常に高度なものを成就しました。驚異的な発達だったといえるでしょう。(中略)しかし、同じ発達が精神面と霊的な面にみられないのです。それが利己主義という地上でもっとも厄介な問題を引き起こすことになったのです。(P100)」と述べています。

地上人類は物質的な進歩に伴い、物質的なものばかりに興味関心が注がれ、精神的なものや霊的なものへの関心が極端に少なくなり、そのアンバランスさが平和を乱すことにつながったというのです。

確かに周りを見渡せば、科学技術の発展に伴い、高性能な自動車、家電、コンピューターなどが開発され、飛躍的に生活が便利で豊かになりました。
また、原子力発電により、効率よく多量にエネルギーを生み出し、物質的な豊かさを支えてきました。
食糧生産も機械化、化学肥料の合成などにより大量生産が可能となり、お金さえあれば食べ物に困らない環境を作り出すことができました。
まさに、科学技術の発展により人類は物質的豊かさを手にし、そればかりを追い求める風潮がますます強くなっていったことは明らかに感じ取れます。

その結果、精神的なもの、霊的なものを忘れてしまいがちになり、それぞれ個人の物質的利益のみを追求する利己主義にとらわれてしまう傾向に傾きました。

一方で科学技術の進歩についていけない国々も生まれてきました。
それらの国々は、先に進歩した国々よりも経済的に貧しく、病気や飢えに苦しむ場合もあります。
一方では、食べるものに事欠かず、経済的に豊かな国々も存在し、その先進の国々がさらに富を蓄えるために経済的に貧しい国々の資源を都合の良いように利用したり、安い労働賃金の元で過酷な労働を強いたりするなど国家間の格差が生じ、その結果、戦争や貧困、飢餓などの悲劇を生むことにつながってきたのです。
もちろん、同一国家内においても小規模ながらもこのような平和を乱す不協和音が絶えず生じております。

それらの地上問題を解決するためにシルバーバーチは「善いことをしようという意欲を起こさせ、協調と奉仕の仕事へ鼓舞するのは精神と霊の発達なのです。精神と霊の発達は利己主義を滅ぼし、代わって霊的教訓をもたらします。精神と霊に宿された才能を開発し、その上で、物質文明の産物を自分一人のためでなく他のすべての人のために活用するようになれば、いわゆる地上天国が実現します。(P101)」と語っております。

戦争や貧困、飢餓を代表とする地上における悲劇を防止する手段が霊的な視野に立った霊中心主義と利他愛の実践だというのです。

まだまだ、地上では霊的真理を理解している人は少数で霊的無知が蔓延っていますが、霊界では入念な計画に従って地上への組織的な霊的真理の普及活動が行われており、さらに二度と霊界と地上とのコミュニケーションが途絶えることがないよう実行に移されております。

それらの霊界の心強い支援の元、高級霊の良い道具となるように霊的成長のための真理に沿った実践努力をしながら私たちは霊界の普及活動のお役に立たなければならないと強く確信しています。
一人でもいいので霊的真理に目覚める用意ができた人と出会わせていただき、その人が無事真理を理解するための力になれるように、今後も励んでいきたいと考えております。(Y.H)

※尚、引用にあたっては、スピリチュアリズム普及会の許可を得ています。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

E.H

Author:E.H

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ