2月の読書会(サイキック能力とスピリチュアル能力)

 2月17日の読書会に出席いたしました。
 1月の読書会がお休みでしたので、久しぶりの読書会となりました。心が引き上げられ、深い学びのひとときを持つことができました。
 今回は「最高の福音 3章」を学びましたが、その中でもサイキック能力とスピリチュアル能力の違いについての内容は興味深いものでした。

 霊能力を持っていると世間では特別な人、すごい人としてもてはやされます。しかし、実際はすべての人が霊体を持っており、潜在的にはすべての人が霊的な能力を持っています。
 霊能者と一般人の違いは、その霊体に備わっている能力を表面化させているかどうかの違いだけです。
 
 霊能力にはサイキック能力とスピリチュアル能力の2種類があります。
 サイキック能力は個人の霊体の能力を肉体次元で発揮したものであり、五感の延長です。
 スピリチュアル能力は、サイキック能力を霊界の働きかけで高い次元にまで引き上げられたものです。
 
 霊界人たちにとって価値があるのはスピリチュアル能力です。
 地上の霊能者の能力が、サイキックレベルからスピリチュアルレベルへと高められることではじめて、多くの霊界人たちがその地上人を霊界の影響を地上に及ぼすための道具として利用できるのです。
 サイキック能力とスピリチュアル能力では、地上への影響力を考えたときに、その霊力の差は比較にならないほど大きなものなのです。
 
 スピリチュアリストとしては霊界からの影響力の通路でありたいものです。そのためにも霊性を高める努力を怠ってはいけません。日々、霊主肉従の努力と利他愛を実践して、霊的に成長できることを心掛けたいと思います。霊界の高級霊が働きかけたいと思うような人間でありたいと思います。

 私はよく霊界の高級霊の方々に思いを馳せることがあります。
 彼らがどれほどの犠牲的精神をもち、深い愛の持ち主であるかということを考えたときに、彼らに少しでも近づきたい、彼らを見習いたいという思いが沸き起こります。
 そのような彼ら霊界人の応援が得られるようにならなければと思います。
 高級霊が働きかけることができるような内容を自分自身が持っているか、いつも自分自身に問いかけていたいと思います。
 
 (サイキック能力とスピリチュアル能力についてはスピリチュアリズム普及会第3公式サイト スピリチュアリズムの心霊現象論 第5部の4章に詳しく書かれています)

 
 ☆「シルバーバーチの霊訓」の翻訳者である近藤千雄さんが他界されたということですが、スピリチュアリズム関連の書籍の翻訳に生涯を捧げられたことへの感謝と尊敬の気持ちと、スピリチュアリズムに人生を捧げ使命を全うされたという事実に感動で胸がいっぱいになりました。
 私自身はまだまだ未熟ですし、霊的真理普及のためにどれくらいお役に立てるのかはわかりませんが、スピリチュアリズムに人生を捧げ、自分なりに精いっぱいのことをしていきたいと心から思いました。        (K・H)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

E.H

Author:E.H

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ