良きスピリチュアリストになるためには

 スピリチュアリズム普及会発行のニューズレター第30号「良きスピリチュアリストになるためには、まず何から始めたらよいのか」を読みました。
 スピリチュアリズム伝道のために大切なことを改めて確認することができました。

 シルバーバーチの霊訓は読めば読むほど、その奥深さと素晴らしさを感じることができます。
 シルバーバーチの霊訓は私の心の支えであり、進むべき道を指し示してくれる光です。
 そして一人でも多くの人に真理を伝えたいという気持ちが湧いてきますが、そのためにはまず自分自身を霊的新生させなければなりません。
 ニューズレターには霊的真理を他人に伝えたいと思うなら、まず自分が伝道のための準備をしなければならないとあります。他人を変えたいと思うなら、まず自分自身を変えなさいということです。
 霊的新生のためにすべきこととしてニューズレターには3つあげられています。
 「祈り」「徹底した真理の学習」「スピリチュアリストとしての基本的な心がまえの確立」です。
 そして日常生活を正す努力をしていくことです。
 このように伝道への準備をしっかり整え、自分自身を新しくつくり上げたうえで初めて伝道実践へと移ることができるようになります。真理を伝える資格を得られるのです。
 スピリチュアリストはこうした努力を一生続けていかなければならないと思います。
  
 次に、伝道実践の中での大切なこととして、「決して焦らない」「道具意識に立った伝道」「霊界への信頼と忍耐」とあります。
 私自身少しせっかちなところがあるので、ついつい焦ってしまいそうになりますが、そこは自分を落ち着かせてじっくりと忍耐強く向き合っていきたいと思います。
 いつどんなときでも伝道に協力できるように、道具としての内容を整え、伝道のチャンスを逃さないようにしなければと思います。
 一番重要なことは道具意識を忘れないことです。霊界の人たちに使っていただく立場なのだという意識を常にもっていなければいけません。
 真理を伝えることはスピリチュアリストのライフワークです。
 これから先もずっと死ぬまで(死んだ後も)取り組んでいく課題です。
 自分の日常生活を真理にそわせる努力をしたら、あとは焦らずに霊界の方々にすべてを委ねようと思いました。(K・H)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

E.H

Author:E.H

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ