11月の読書会を終えて

 「シルバーバーチは語る」の3章・地球浄化の大事業を10月と11月の2回にわたり学びました。

 現代人の多くは、霊的なものに対する感性が薄れ、物的なものにしか興味を抱かなくなっています。物的感覚のみで生活し、霊的感覚を忘れ去っています。
 物質こそが最も大切であるとする考え方が、多くの人々の心を曇らせ、生きるということの本当の意味を実感できなくなっています。
 そして、この物質第一主義が、結果として、利己主義や貪欲や貧困や戦争などを引き起こす元凶となっているのです。
 地上人類は、自らの力で、この物質第一主義という考え方を改めなければなりません。
 そのための指南書として高級霊界から授けられたのが、霊的真理なのです。

 地上人類にとって最も大切なことは、霊的な自由、すなわち魂の自由を獲得することです。そして、さまざまな経験を通して、魂を鍛え、魂を高めていくことが、この地上に生を受けた最大の目的なのです。
 人生は、この世だけで終わるのではありません。肉体を脱ぎ捨てた後、死後の世界に赴いても、霊的な成長を続けていかなければなりません。
 死後の世界においては、この世の富や名声や権力などは、何の価値もありません。
 霊界において、真に価値あるものは、魂の清らかさだけなのです。

 「一人また一人と、暗闇から光明へ、無知から知識へ、迷信から真理へと這い出るごとに地上界が進歩するのです。その一人ひとりが物質第一主義の棺に打ち込む一本のクギなのです。(P42~43)」とシルバーバーチは、語っています。

 地上の数々の悲劇を無くすためには、政治にも霊的真理が生かされ、地上人類がその霊的真理の指し示す方向に向かって、歩き出すことが必要です。
 物質第一主義という巨大な壁に風穴を開け、破壊するためには、この地上のいたる所に霊的真理が広がっていかなければなりません。

 霊的な光は、世界中のすべての所に降り注がれています。
 目には見えなくとも、わたしたちの背後では、膨大な霊的エネルギーが働いています。
 その波動を感じ取り、霊的な恩恵に浴することができるように、自分自身の生き方を霊的真理に沿わせ、霊的真理を正しく理解し、それに基づいた正しい実践ができるように、日々自分自身を高めていきたいと思っています。(E・H)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

E.H

Author:E.H

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ