FC2ブログ

「7月の読書会を終えて」・・シルバーバーチの神観(そのⅡ)・・真実の祈り・・

霊界と宇宙のすべてを創り出し、それらを法則で支配し、どのような場所にも存在し、すべての生命体を愛で包みこみ、私たちの霊的な親であり究極の目標である神、そのような神につての正しい理解がなければ、正しい祈りを行うことはできません。

私たちは、シルバーバーチの神観によって、神を正しくイメージすることができるようになりました。神を正しくイメージすることができなければ、無意味な祈りを繰り返すだけになってしまいます。神とはどのような存在なのかということを正しく理解することによって、真実の祈りを実践していくことができるのです。

シルバーバーチは真実の祈りについて「魂の奥底からの誠心誠意の祈り、大霊との一体化を深め、大霊の道具として有用な存在になりたいとの願望から出た祈りは、祈る者の霊性を強化し、大霊の道具としてより相応しい存在にします。(シルバーバーチの教え・112)」と語っています。

お決まりの文句を繰り返すだけの祈り、心のこもらない口先だけの祈り、誰かが作った言葉をただ唱えているだけの祈り、また、自分の利益や名声などを求める物質次元に留まった単なる願い事であるとされる祈り、それらの祈りは真実の祈りとは程遠いものです。
「真実の祈りは、あなた方にとって奉仕(サービス)の準備を整えるためのものです。あなた方をより高度なエネルギーと調和させるための手段です。(シルバーバーチの教え・113)」とシルバーバーチは語っています。

真実の祈りは、神聖な霊的行為です。自分を犠牲にし、人々を救いたい、人々の役にたちたいという気持ちから出た祈りは、高き次元の霊たちに届けられ、その援助を受けることになります。そして、より多くの霊的エネルギーを受け取り、内奥に存在する神性を発揮するための準備が整ったことになるのです。

私たちは、霊界の高級霊の祈りをお手本にすることによって、利他愛から発する祈り、霊的成長を願う祈りである真実の祈りを実践していかなければなりません。
真実の祈りを実践することによって、霊と霊、神性と神性の結びつきがより強固なものになっていきます。互いに引き合い、求め合い、絆が一段と高まっていきます。そして、霊界の霊たちとの協力のもと、その祈りが現実のものとなっていくのです。(E・H)

*なお、引用にあたっては、スピリチュアリズム普及会の許可を得ています。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

E.H

Author:E.H

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ