FC2ブログ

「5月の読書会を終えて」・・スピリチュアリズムの宗教革命・・「スピリチュアリズムの全体像」・・そのⅡ・・

「キリスト教の神学は、地上世界にとってまさしく“災いのもと”です。人類にとって大きな手かせ・足かせとなっています。人々の魂を牢獄に閉じ込めています。それから逃れるためには、自らを縛っている人工的教義と間違った信条を断ち切り、霊的インスピレーションによって示される本物の真理に目覚めることです。(シルバーバーチの教え・152)」とシルバーバーチは語っています。

キリスト教に限らず地上のすべての宗教は、地上人類にとって有害なものばかりです。それは、霊的事実に反する人工的に作られた教義を含んでいるためです。宗教の教義を忠実に守れば守るほど魂は束縛され真の自由を奪われてしまうことになります。それによって、地上人生で最も大切である霊的成長を阻害されてしまうことになるのです。

スピリチュアリズムの宗教革命とは地上のすべての宗教を霊界の宗教に置き換えようとする霊界主導の宗教の大変革のことです。どこまでも霊界が主役なので、地上の宗教とは次元が異なります。地上の宗教の一つにあげるべきものではなく、地上の宗教を超越した唯一の宗教、超宗教なのです。

私たちは、霊界の宗教とはどのようなものであるかを学ぶことによって、地上の宗教がいかに間違っているかを認識することができます。霊界では、地上のような宗教の形式はありません。多くの宗教や宗派もありません。宗教組織もありません。宗教間の戦争や紛争もありません。利他的に生きることがすなわち宗教であり、神の摂理に一致した行為そのものが信仰となっているのです。霊界の宗教とは、すべての霊が信仰している唯一共通の宗教であり、まさに神の摂理に完全に一致した宗教に他なりません。

高き次元から引き起こされたスピリチュアリズムによってもたらされた霊的真理によって、私たちは、自らの力で自分自身の魂を救済する方法を学ぶことができます。神の無限の愛と叡智を知り、地上人類が神の子として共通の霊的資質を持っていることを知り、どのようにすれば霊的恩寵を授かることができるかを知り、人工的産物である教義への隷属状態からどのようにすれば抜け出せるかを知ることによって、真の自由を獲得することができるのです。そして、神の摂理に一致した生き方を通して、霊的成長という真の宝を手にすることができるのです。(E・H)

*なお、引用にあたっては、スピリチュアリズム普及会の許可を得ています。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

E.H

Author:E.H

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ