健康について

 私事ですが、新年早々、体調を壊してしまいました。喉の痛みや鼻水から始まり、咳や悪寒戦慄などの症状を伴い38.7℃の熱が出ました。内科を受診しましたが、インフルエンザではありませんでした。2週間が過ぎ、かなり症状は軽減し今は少し咳が出る程度です。

 常日頃、健康管理には自分なりに気をつけているつもりですが、仕事のことで予期せぬ事態が次々に起こって、自分では動じていないつもりでしたが、マイナスの感情(ストレス)が増幅していたのだと思います。また、年度末で事務的な仕事を帰宅後も行っていたことや、毎日入浴後に行っている30分程度のストレッチなどの運動も怠っていたのも原因かもしれません。

 肉体は霊の道具ですから、大切に取りあつかわないといけません。霊と精神と身体の3つの側面が一つになりハーモニーをかなえ調和していれば、健康は保たれるはずです。
 シルバーバーチは、「人間の身体はあくまでも機械です。とても複雑で見事に出来上がってはいますが、あくまでも機械です。機械ですから、休息を与えないと、擦り減っていきます。(シルバーバーチの新たなる啓示・145)」と語っています。

 毎日の祈りの時には、霊的エネルギーをふんだんに取り入れることができるように、冷静で受容的な心を保ち、不安や悩みなどの低級な感情で自分の周囲にモヤを生み出さないように心掛けたいと思っています。
 そして、仕事の面でも、一人であれもこれもと頑張り過ぎることのないように、
「心が楽しければ楽しいほど、それだけ大霊の心に近いということを意味します。あなた方一人一人が大霊であり、従って物質界のいかなることも、取り返しのつかないほどの影響を及ぼすことはできません。(シルバーバーチは語る・264)」というシルバーバーチの言葉を脳裏に焼きつけ、もう少しのんびりとした気持ちで、肉体のみならず心も開放する時間を作っていきたいと思っています。(E・H)

 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

E.H

Author:E.H

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ