FC2ブログ

「10月の読書会を終えて」・・シルバーバーチの他界観に到るまで・・霊界の真実・・

キリスト教やイスラム教などの地上の多くの宗教に見られるように、死んだら天国か地獄かのどちらかに行くことになるのでしょうか。その宗教の敬虔な信者になれば、天国へ行けるのでしょうか。そして天国や地獄でそのままずっと生活することになるのでしょうか。ダンテの「神曲」にあるように、地獄へ行くのを免れるために、免罪符を買えば天国へ行けるようになるのでしょうか。

霊界は、ほんとうに天国と地獄の2つに分かれているのでしょうか。ダンテの言うように20界に分かれているのでしょうか。スウェーデンボルグは10界と言い、マイヤースは6つの界層に分かれていると言いました。

シルバーバーチは、――この世を去ったにあとたどる7つの界層についての質問に対して、
「まず最初にお断りしますが、私はその“七つの界”とやらを知りません。第一から第七まで番号のついた界というものを私は知りません。私が知っているのは、たった一つの界があって、それが無限の階梯をなしているということです。(最後の啓示・51~52)」そして、「霊の世界は進化の階梯を上昇しながら、上下の界が互いに融合しあっているのでして、平面上の地理によって区分けされているのではありません。霊性が開発され、魂が向上するにつれて、より高い界層へと適応するようになり、自動的にその界に所属するようになります。(最後の啓示・40)」と語っています。

日本人の一般的な他界観は、死後、極楽浄土へ行くか、地獄へ行くかという極楽・地獄信仰です。鎌倉時代に、比叡山の僧であった源信は往生するための指南書として「往生要集」を記しました。極楽浄土に行くための教義と実践が示されていますが、地獄の様子も詳しく述べられています。八大地獄では、殺生の罪や不倫の罪や飲酒による罪やうそつきの罪など地獄行きの罪についても述べています。

しかし、今まで地上に存在してきた他界観は霊的に見て、どれも誤った他界観ばかりなのです。霊的事実に完全に一致しているのは、シルバーバーチによって示された他界観だけです。シルバーバーチの教えによって、私たちは、正しい霊界の姿、霊界の真実を知ることができるようになったのです。霊界は一つですが無数の界層に分かれています。宗教が示しているような地獄はありません。地獄は自分自身が作り出している世界なのです。明瞭な境界もありません。死後の進化向上によって、一歩一歩さらに上の界層へと上がって行くことができるのです。それは永遠に続く進化向上の道なのです。(E・H)

*なお、引用にあたっては、スピリチュアリズム普及会の許可を得ています。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

E.H

Author:E.H

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ