「2016年12月の読書会を終えて」・・「死とは何か」・・そのⅡ

死とは何かということを、正しく捉えることができれば、死に対する悲しみや恐怖は消え去ります。そして、高級霊と同じ霊的視点に立って死を見つめることができれば、死んだ人に対して新しい人生が始まったことへの祝福の気持ちを抱くことができます。

霊界からこの地上界へ誕生した私たちは、永遠に続く人生のほんの一瞬をこの惑星で生活しています。人生は死をもって終焉を迎えるではなく霊界へと続きます。霊界へ戻ることになるその日まで死へ向かって生きていることになる私たちですが、地上界に居るときから、霊界を訪れています。死への予行練習とも言うべきことが、寝ている間に行われているのです。その時、人間の幽体は肉体から一時的に分離しています。
シルバーバーチは、そのことについて「実は、すべての人間が睡眠中に霊界を訪れています。これは霊的身体を死後の環境に適応しやすくするための大霊の配慮の一つなのです。(シルバーバーチの教え・上・204)」と、語っています。睡眠中に何度も霊界を訪れていても、また、この地上界にまた戻ってくることができるのは、シルバーコードによって繋がれているためです。

安楽死、延命治療、脳死や臓器移植などの問題についても死に対する霊的事実を知ることによって、正しい判断ができます。人間が生命を作り出すことは出来ません。生命は、神から与えられたものであり、生命を奪い去ることは、神の摂理に反することであり、許されません。死んでいるか否かは、シルバーコードが完全に切れているか否かということ、ただそれだけの単純なことなのですが、物的視野でしか物事を見ることができない地上人には、そのことを判断することは、とても困難なことです。
見た目には死んでいるように感じられてもシルバーコードが少しでも繋がっていれば、生命活動は続いていることになります。そのような状態の人間を人為的に死に追いやる行為は、殺人と同じことであり神の摂理に反する行為なのです。

死とは何かということを、霊的事実に照らし合わせて理解しておくことは、自分自身の死や自分の周りの人々の死を捉えるうえにおいても、さらに愛する人を失った人に対してどのようなことを伝えるべきかということにおいても、とても重要なことです。特に、死を見取る専門職に携わっている人達は、死に逝く人に対して、そして、残された家族に対しても、霊的事実に沿った慰めの言葉を掛けることができなければなりません。死とは何かということを永遠の尺度から見つめることの大切さを改めて感じています。(E・H)

*なお、引用にあたっては、スピリチュアリズム普及会の許可を得ています。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

E.H

Author:E.H

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ