FC2ブログ

「再生について」そのⅡ・・何のために再生するのか・・2017年12月の読書会から・・

再生があることは、霊的事実です。しかし、巷(ちまた)で言われているような再生はありません。自分というパーソナリティは、今・現世だけのものであって、前世がどうであったとか来世はどうありたいとか想像してみても、その時の意識は全く別のものですから、比較検討することはできないのです。現在の自分が過去にも存在していて、また未来にも存在するというようなことは有り得ないことなのです。

そのことについての霊的事実を、シルバーバーチによってもたらされた霊界通信によって学ぶことができます。私たちは再生のキーワードである類魂の存在について、類魂とは何かということを学ぶことによって、複雑な再生のメカニズムをシンプルに理解することができるのです。

私たちは、なぜ再生しなければならなかったのでしょうか。何をするにも困難をともなうこの惑星に生を受けたのは、どうしてでしょうか。現在の生活に希望が持てず、生きるのが辛いと思っている人もいるかもしれません。しかし、自分自身が再生を望んで生まれてきたのです。自分の魂が決定したことなのです。

それは、地上で学ばなければならない多くの教訓があるためです。ある人にとっては、果たさなければならなかった責任や仕事を達成するためであったり、ある人にとっては、より深い愛で他人を慈しむためであったり、ある人にとって為すべきことがありながら、それを為すことができなかったためであったりと千差万別ですが、いずれにしても霊界での生活を通して何が自分自身にとって足りなかったかということを、はっきりと自覚することができたためです。そのために最も適した国籍、環境、性別、身体、さらにはおおよその辿るべき道などを事細かに決定して、誕生しているのです。今置かれているすべての条件が、私たちが霊的成長をするために最も相応しい条件なのです。

それらの条件を受け入れ、最大限に神性を発揮して、自分自身に足りない部分を少しずつ補いながら、一歩一歩霊的成長を果たさなければなりません。それによって、類魂全体の霊的進化への貢献や、自分自身の前世のカルマをも清算することができるのです。

何のために再生したのかということを忘れないようにしたいと思います。そして、この地上人生が無駄に終わることがないように、霊的真理に沿った実りある人生を過ごしていきたいと思います。(E・H)

*なお、引用にあたっては、スピリチュアリズム普及会の許可を得ています。
プロフィール

E.H

Author:E.H

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ