「霊界へと続く愛」・・地上の愛のゆくえ・・

地上で愛し合った人間同士の愛は、死後霊界においても、そのまま続いていくのでしょうか。死と共に消滅してしまうのでしょうか。

霊界では、その霊の霊格によって住み分けがなされています。「界層の違いは、そこに住む人の魂の程度の違いだけで、霊性が高ければ高いほど、善性が強ければ強いほど、親切心が多ければ多いほど、慈愛が深ければ深いほど、利己心が少なければ少ないほど、それだけ高いレベルの界層に住むことになります。(最高の福音・82)」霊的波動は各界層によって異なっていますから、その霊のいる界層だけでの生活になってしまいます。そのため、異なる界層での霊たちは、お互いを認識することはできません。原則として、異なる界層間での交流はありません。

死後、ほとんどの霊は、愛する人たちと別れを告げ、別々の界層に赴くことになります。それは、地上の愛は、ほとんどの場合、利己的な愛、排他的な愛、物欲的な愛であるためです。そのような愛は、霊界では消滅してしまうことになります。

シルバーバーチは、男女間の愛について「地上で愛し合った男女の間に真実の愛があり、その愛が二人を霊的に一つにし、霊的進化のレベルが同じである場合には、死が二人を引き離すことはありません。・・・しかし、二人の結婚が魂の結びつきではなく肉体の結びつきにすぎず、しかも両者の魂の進化のレベルが異なる場合には、死は両者を引き離すことになります。(シルバーバーチの教え・上・190)」と語っています。

利他的な愛による結びつきがあり、しかも霊格が同じであれば同じ界層で生活できることになりますが、それは、ほんのわずかな一握りの霊に限られてしまいます。そして、このことは、家族間の愛や友愛などすべての愛にも当てはまります。

霊界へと続く愛とはどのような愛でしょうか。魂と魂のつながり、利他性と利他性のつながりのある愛だけが霊界においても存続することになります。利他的な愛とは、先に与える、与え続ける、誰にでも与えるということを原則とする愛です。肉体を持っている私たちには、とても難しい課題、精神修養の課題ですが、この愛を学ぶために私たちは生きています。地上人生をとおして利他愛とは何かということを学び実践することによって、霊界へと続く真実の愛を確立することができるのです。(E・H)

*なお、引用にあたっては、スピリチュアリズム普及会の許可を得ています。

プロフィール

E.H

Author:E.H

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ