「6月の読書会を終えて」・・「地上界から幽界へ」・・霊的浄化への道・・

死の眠りから目覚め、自分は死んだのだということを自覚すると、霊界の最下層、地上に最も近い霊界である幽界へ赴くことになります。幽界は、地上とそっくりな世界です。心で思ったことは、何でも現実のものになります。欲しいものが何でも手に入ります。行きたい所へ瞬時に行くこともできます。そして、言葉は必要ではなくなって考えていることや感情までも相手に伝わります。言葉による誤解や不理解は生じません。心と心がテレパシーで通じ合う所なのです。

実は、私たち地上人は、その幽界へ睡眠中に何度も訪れています。生前はそのことをなかなか思い出すことができないのですが、肉体が無くなって幽体だけになったとき、その記憶がよみがえってきます。潜在意識に刻まれていたいろいろな記憶が思い出されるのです。幽界では、愛情を感じていた人、尊敬や憧れを抱いていた人、そして生前地上人生をずっと見守り導いてくれた守護霊にも会うことができます。自分の人生を振り返って地上人生が霊的成長とは程遠いものであったことを知り、後悔や反省の念を抱くことになるかもしれません。

思念の世界である幽界では、自分自身が自分の生活環境を創り出すことになります。その環境は、何を望み、何を必要としてきたか、地上人生をどのように生きてきたかということを映しだす鏡のようなものです。その環境が、醜いものか、美しいものであるのか、また、物質的なものだけを求めているものなのか、精神的なものを求めようとしているものなのかは、すべて地上人生をどのように生きてきたかということに対する回答なのです。

幽界での生活を決定づけるのは、個人個人の霊的な成長レベルです。そして、幽界にどれだけ永く留まることになるのかも霊性の発達度により左右されます。もっと霊的に成長したいと思い始めた時から、霊的浄化の道が開かれることになります。幽界は地上界から霊界への通過点ですが、そこで地上的意識を拭い去ります。物的意識が霊的意識となり、地上臭を拭い去って純粋な霊的存在となっていくためには、霊的純化のプロセスが必要なのです。そのために、幽界が存在しているのです。

霊的真理を理解するチャンスを逃してしまった多くの霊たちも幽界での生活を通して、徐々に霊的意識を取り戻すことになります。幽界の存在は霊的な親である神からの愛のプレゼントに他なりません。何の努力もなしに自分が望んだことがすべて実現する世界に嫌気が差したとき、物質的なことより霊的なことの重要性に気づいたとき、幽界から次のステップへの道が示されることになります。(E・H)

*なお、引用にあたっては、スピリチュアリズム普及会の許可を得ています。
プロフィール

E.H

Author:E.H

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ