「3月の読書会を終えて」・・「人生とは何か」・・人生の羅針盤・・


人生とは何か、ということをどのように捉えるかは、とても大切なことです。捉え方によって生きる姿勢が決定されることになるからです。五感で認識できるものしか信じることができないという地上人は、地位や名誉や物質欲を満たすことに価値があり、幸せであるとする唯物的な考えに心を奪われています。自分自身の本質が霊であり霊性を成長させるために、この地上世界で様々な体験を積み重ねているということなど信じようとはしません。ましてや死後の世界があり、死んだらその人間の霊的成長度によって赴く霊界の界層が決定されることになるということなどには考えも及びません。

シルバーバーチは「知識はかけがえのない宝です。人生の全体を視界におさめて、いかに生きるべきかを教える羅針盤のようなものです。船には必ず方向を操るための道具や器具が備えつけられています。人生をいかに生きるべきかを判断するための道具を持ち合わせていないとしたら、その人は愚かな人というべきです。(不滅の真理・235)」と語っています。地上の人間は霊的真理にめぐり合うまでは霧の中でさ迷っているようなものです。地上のどのような宗教も正しい霊的知識を持ってはいません。人工的に作られた間違った教義に縛られている魂は、真の自由を獲得することはできません。霊的真理に出会ってはじめて魂が真の自由を獲得し、人生とは何か、何のために生きているのか、どのように生きたらよいのかを、確信することができるようになるからです。

霊的真理を学び、霊的事実を知ることによって、自分とは何か、死とは何かということを正しく学ぶことができます。それによって、過去から未来へと続く地上人生の意味、永遠に生きるという意味を理解することができるようになります。自分自身の真実の自我である霊の資質をいかに発現できるか、いかに開発できるか、いかに成長させることができるかが、地上人生の目的なのです。物質的な豊かさではなく、霊的な豊かさを手にいれることができなかったら、その人の地上人生は、無意味な人生ということになってしまいます。

「地上の人間は、直面する物的問題に心を奪われて、つい間違った人生観をもってしまいがちですが、いついかなる時も、霊的真理を忘れないようにしないといけません。これだけは永続性のある霊的な宝であり、いったん身につけると、二度と奪われることはありません。永遠の所有物となります。(最高の福音・247)」とシルバーバーチは語っています。今まで幾度となくシルバーバーチの言葉に勇気をもらい、助けられたことでしょう。シルバーナーチの霊訓は、どのように生きるべきかという指針、生きる方向を決定してくれる人生の羅針盤です。シルバーバーチの霊訓にすがりながら、この人生が有意義なものとなるように日々自分自身を高めていきたいと思います。(E・H)

*なお、引用にあたっては、スピリチュアリズム普及会の許可を得ています。
プロフィール

E.H

Author:E.H

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ