「不思議な体験」

1ヵ月くらい前に、顎の左下に大きな腫れ物ができた高齢者の方に出会いました。痛みもあるらしくて、その方のことがとても気になっていました。それで、その方の腫れや痛みが取れるようにと何度か祈りを行いました。
ある夜のこと、私は夢の中で、その高齢者の方の寝室に出向いていました。私の周りには、少なくとも2人の人物が同席していました。私は、その中の1人に促されるままに腫れ物を触りました。腫れ物の大きさや硬さまで、実際に触れているという感覚がありました。しかし、その後のことは、はっきりとは思い出すことができませんでした。
その後、3日くらいして、その高齢者の方に又、お会いしたのですが、腫れ物はすっかり姿を消して痛みも無くなっていました。ただ、腫れ物があった所に5cmくらいの切り傷のようにも見える皺(しわ)ができていました。本人に尋ねてみましたが、その部位を今までに手術などで縫ったりしたことはないと言うことでした。症状が改善して安堵されている様子でした。

「夢には数え切れないほどの種類があります。主(ぬし)のいなくなった脳に残っている残像の反映にすぎないものとか、食べたものの影響など、物理的な説明のつくものもありますが、そうしたものに混じって、霊界での体験が断片的に入っていることがあります。(シルバーバーチは語る・272)」とシルバーバーチは、語っています。

睡眠中に私たちの霊体は肉体から離れ、所謂(いわゆる)、幽体離脱した状態で、さまざまな霊的体験を重ねています。「実際には人間の全てが睡眠中に霊界を訪れております。これは霊的身体を死後の環境に適応しやすくするための自然の配慮の一つです。(シルバーバーチは語る・270)」とも、シルバーバーチは語っています。

私は、夢で、未来のことを見ることが、今までに何度かありました。伯母さんの死を予感させる夢、家で飼うようになる犬の夢、子供の結婚相手についての夢などありましたが、今回のような夢は、初めてで、とても印象に残った不思議な体験でした。
しかし、霊視や霊聴や予知などのサイキック能力は、必須なものではなく、むしろ霊性の進歩を滞らせる原因にもなりかねません。サイキックな現象に心を奪われることの無いように、そして霊界からの援助を受けることのできるスピリチュアル能力を高めることができるように日々努力して行きたいと改めて思いました。(E・H)

* なお、引用にあたっては、スピリチュアリズム普及会の許可を得ています。

「祈りについて」・・・そのⅡ

シルバーバーチは、祈りの本質について、
「より高度なエネルギーと調和するための手段です。」
「祈りとは光明と導きを求めての魂の叫びです。」
「祈りとは大霊に近づかんとする魂の願望です。」
(シルバーバーチは語る・8章祈りの効用より)などと、語っています。
祈りとは、ああしてほしい、こうしてほしい、というような世俗的で自己中心的な願いを神に叶えてもらうために行うべきものではありません。
祈りとは、自分自身の霊的意識レベルを引き上げ、より神に近づこうとする霊的行為です。

自分の周りにいる人々で、他界された方、闘病中の方、肉親を亡くされた方などのことを知った時、また、他国で戦禍に怯える人々、飢餓や貧困に苦しむ人々のことなどをニュースで見たり聞いたりした時、祈りを行うようにしています。
祈りが、叶えられたように感じられる時もあれば、何も感じられないような時もあります。
私の祈りが霊界のどの界層まで届くかは分かりませんが、誠心誠意の祈りは、その結果が自分では認識できなくとも、いつかきっと叶えられると信じています。

シルバーバーチは、「何とかして宇宙の心、宇宙の大中心、宇宙をこしらえた神にまず自分が一歩でも近づくように、真剣に祈ることです。それから、何とかしてあげたいと思っている人がいれば、その方を善意と、ぜひ自分をお役立てくださいという祈りの気持ちで包んであげることです。(シルバーバーチの霊訓・2-169)」とも語っています。

スピリチュアリズムに出会い、祈りの大切さを学びました。
祈りが日常生活の一部になっていくことで、神や守護霊との霊的な繋がりがより強固なものになっていき、神の愛をより強く感じ取ることができます。
神の愛に対する絶対的な信頼ができていくに従って、周りの人たちへの愛が増幅していくように感じられます。
これからも自分自身の魂の向上のため、また周囲の人々のみならず地上人類の霊的覚醒を願って、神の摂理に一致した祈りを実践していきたいと思っています。
そして、霊界のより高い界層と感応することができ、より多くの霊的な援助を受けることができるように自分自身を高め、人のために役立ちたいという思いを忘れず、衷心からの祈りを実践していきたいと思っています。(E.H)

※なお、引用にあたっては、スピリチュアリズム普及会の許可を得ています。

もう一度、スピリチュアリズムの大原則と全体像の確認を!を読んで…

2014年が始まりました。今年も読書会での学びを通して、真理の理解を深めたいと思っています。今月は読書会がお休みですので、“スピリチュアリズム普及会”の「ニューズレター 5号」を読んで学んだことをまとめてみました。

スピリチュアリズムが、霊界の高級霊団によっておこされた地上人類救済のための一大事業であるということはこれまで学んできました。
そして嬉しいことに、こうした人類救済のための計画はすでに軌道にのり、人類がそれを実感する、しないに関係なく、霊界からの影響力は着実に広がっていっているということです。
それまでもずっと人類に対する霊界からの働きかけはありましたが、1848年に始まった高級霊団による大掛かりな組織体制による働きかけによって、歴史の流れが大きく変わってきています。
霊界から届けられた“霊的真理”が私たち地上人の視野を大きく変化させ、人生に意味を持たせ、生きる目的を知ることができました。
地上のすべての問題の原因は“物質中心主義”と“利己主義”です。この二つを無くすためには、霊的真理が地上人、一人ひとりに行きわたり、一人ひとりが霊的真理を実践していく以外に方法はないのです。

ここで、スピリチュアリズムに真っ先に出会えた私たちは、霊的真理の重要性とそれが地上に普及していくことの必要性をしっかりと認識する必要があります。霊的真理がどれほど自分の考え方を改めさせ、どれほど人生に良い影響を与えてくれたのかを忘れないようにしなければなりません。
高級霊は昼夜を問わず、地上に働きかけています。そして、私たちは彼らの道具となり、協力していかなければなりません。霊的真理を知ったという時点で、私たちは人類救済のための霊団の仲間入りをしたのです。
霊界の道具として働くのは、“他の誰か”ではなく“自分”なのだということを自覚しなければならないのです。
私たちに求められていることは、高級霊の援助を受けられるように努力することです。つまりは、霊主肉従の努力など、生活のすべてが霊的真理の実践になっていることです。
霊界の影響力はすでに地上に根付いていますが、霊的真理を広め、地上天国の到来を早めるのも遅らせるのも、地上人にかかっています。

「忘れないでいただきたいのは、皆さん方のような地上での道具がなくては、私たちも何もなし得ないということです。皆さんは私たちに闘いのための武具を供給してくださっているようなものなのです。皆さんの力をお借りする以外に地上には頼りにすべき手だてが何もないのです。喜んで私たちに身をゆだねてくださる人以外に、道具とすべきものがないのです。
その道具が多すぎて困るということは決してありません。こちらの世界では、使用に耐えられる人物の出現を今か今かと待ちうけている霊がいくらでもいるのです。
私たちの方から皆さんを待ち望んでいるのです。皆さんが私たちを待ち望んでいるのではありません。(霊性進化の道しるべ・P.115)」

霊界の良き道具となって働けるように、今年も頑張っていきたいと思います。真理普及のために自分にできることを実行して、スピリチュアリストとしての義務を果たしていけるように努力していきたいと思います。(K.H)

※引用にあたっては、スピリチュアリズム普及会の許可を得ています。

スピリチュアリズムに出会ってから・・・そのⅡ

2009年11月、日本スピリチュアル・ヒーラーグループ主催の公開ヒーリングに娘と2人で、参加させていただきました。
会場へ向かう電車の中で身体全体がとても熱くなり、会場に到着するまでずっと続きました。その部屋は、とても明るく、特に前方の中央あたりが光輝いているように感じられました。

直接ヒーリングを受けられる数名の方々が順次、前のイスに腰掛けられると、厳粛な雰囲気の中で、スピリット・ヒーリングが行われました。
その度に、私の身体のあちこち、頭や左肩や腰などの部分に、ジーンとする感じやピリピリする感じや圧迫されるような感じなどを認識することができました。そして、目を閉じると光り輝く無数の光源が、左右に凄い速さで動いているように感じられました。

『神の霊力の宝庫として祝福されたことによって、ここはまさに「神の館」となったのです。この四つの壁で囲まれた部屋で偉大なるサービスが為されるのです。(シルバーバーチは語る・116)』というシルバーバーチの言葉そのままに、そこは霊力が集結した光の神殿となっていたのでしょう。

霊医の存在は、知識としては知っていましたが、実際に霊医の存在を強く感じたことはその時までありませんでしたから、感動的で衝撃的なすばらしい体験となりました。

その後、帰宅してから2,3カ月の間、突然に身体の関節のあちこちに電気が走るような感覚を覚えました。霊界との磁気的なつながりができ、治療が継続されていたことに感謝の気持ちでいっぱいになりました。

霊界にいる霊医が、地上人に働きかけることができることを、確信できたこと。そして、高級霊団の道具となって一身を捧げられている多くのヒーラーの方々の様子を目の当たりにすることができたことを大変嬉しく思っています。
この公開ヒーリングでの貴重な体験が、その後のスピリチュアリズム普及活動や霊的人生を歩むうえでの大きな心の支えとなっています。(E・H)

※なお、引用にあたっては、スピリチュアリズム普及会の許可を得ています。

基本的な霊的真理

「人間は霊的な存在である」
「地上人生は本来の住処である霊界での生活の準備のためにある」

スピリチュアリズムに出会った人なら誰もが知っている基本的な霊的真理です。たったこれだけの真理に、私たちは人生観を一変させられました。それほど真理には大きな影響力があります。
霊的真理と出会い、それが真実だと確信すると、それまでの生き方を改めようという気持ちに自然となります。霊的真理を知る前の考え方や物事の見方がいかに間違っていたかが分かり、価値観が180度変わるからです。物質中心の意識に縛られていたのが、霊中心の意識を持つことが出来るようになります。
“人間は肉体だけの存在で、死とともにこの世から消えて無くなる”と思うのと、“人間は肉体だけの存在ではない、死後にも生活があって、霊として永遠に存在し続けるのだ”と思うのとでは、自分のことも、まわりの人に対してもまったく見方が変わってきます。すべての人が皆、神の子供で、魂を成長させるために地上に生まれてきたことを知るからです。
そして、地上生活を終えた後には必ず霊界での生活が続いていくのですから、地上的なことに執着しても仕方ないと思うようになります。物質的なものには永続性がなく、何の価値もないのです。

霊的真理の必要性を最も理解しているのが霊界人たちです。
「私はいつでも真理を説く用意ができております。地上の人間がその本来の姿で生きて行くには、大霊の摂理、霊的真理を理解する以外にないからです。盲目でいるよりは見える方がいいはずです。聞こえないよりは聞こえた方がいいはずです。居眠りをしているよりは目覚めているほうがいいはずです。皆さんとともに、そういった居眠りをしている魂を目覚めさせ、大霊の摂理に耳を傾けさせてあげるべく努力しようではありませんか。それが大霊と一体となった生き方への唯一絶対の道だからです。」(「シルバーバーチは語る」P.36)

霊界の高級霊たちは、私たち地上人への愛の思いから、大きな犠牲を払って地上に霊的真理を届けてくれました。彼らは地上人が真理を理解することでしか、“本来の生き方”つまりは霊中心の生き方が出来ないことを良く知っているからです。現在の地上人の大半は摂理からはずれた間違った生き方をしていますが、本来は霊的真理に沿った生き方をするべきなのです。それが、地上で起きている数々の悲劇を解決するための唯一の道なのです。
霊的真理の必要性を実感した私たちに求められていることは、霊界人の手となり足となり、霊的真理普及のために働くこと。そして、真理に忠実に生きること。これに尽きるのだと思います。(K.H)

※尚、引用に当たっては、スピリチュアリズム普及会の許可を得ています。
プロフィール

E.H

Author:E.H

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ