「3月の読書会を終えて」・・「人生とは何か」・・人生の羅針盤・・


人生とは何か、ということをどのように捉えるかは、とても大切なことです。捉え方によって生きる姿勢が決定されることになるからです。五感で認識できるものしか信じることができないという地上人は、地位や名誉や物質欲を満たすことに価値があり、幸せであるとする唯物的な考えに心を奪われています。自分自身の本質が霊であり霊性を成長させるために、この地上世界で様々な体験を積み重ねているということなど信じようとはしません。ましてや死後の世界があり、死んだらその人間の霊的成長度によって赴く霊界の界層が決定されることになるということなどには考えも及びません。

シルバーバーチは「知識はかけがえのない宝です。人生の全体を視界におさめて、いかに生きるべきかを教える羅針盤のようなものです。船には必ず方向を操るための道具や器具が備えつけられています。人生をいかに生きるべきかを判断するための道具を持ち合わせていないとしたら、その人は愚かな人というべきです。(不滅の真理・235)」と語っています。地上の人間は霊的真理にめぐり合うまでは霧の中でさ迷っているようなものです。地上のどのような宗教も正しい霊的知識を持ってはいません。人工的に作られた間違った教義に縛られている魂は、真の自由を獲得することはできません。霊的真理に出会ってはじめて魂が真の自由を獲得し、人生とは何か、何のために生きているのか、どのように生きたらよいのかを、確信することができるようになるからです。

霊的真理を学び、霊的事実を知ることによって、自分とは何か、死とは何かということを正しく学ぶことができます。それによって、過去から未来へと続く地上人生の意味、永遠に生きるという意味を理解することができるようになります。自分自身の真実の自我である霊の資質をいかに発現できるか、いかに開発できるか、いかに成長させることができるかが、地上人生の目的なのです。物質的な豊かさではなく、霊的な豊かさを手にいれることができなかったら、その人の地上人生は、無意味な人生ということになってしまいます。

「地上の人間は、直面する物的問題に心を奪われて、つい間違った人生観をもってしまいがちですが、いついかなる時も、霊的真理を忘れないようにしないといけません。これだけは永続性のある霊的な宝であり、いったん身につけると、二度と奪われることはありません。永遠の所有物となります。(最高の福音・247)」とシルバーバーチは語っています。今まで幾度となくシルバーバーチの言葉に勇気をもらい、助けられたことでしょう。シルバーナーチの霊訓は、どのように生きるべきかという指針、生きる方向を決定してくれる人生の羅針盤です。シルバーバーチの霊訓にすがりながら、この人生が有意義なものとなるように日々自分自身を高めていきたいと思います。(E・H)

*なお、引用にあたっては、スピリチュアリズム普及会の許可を得ています。

2012年6月の読書会

 今月の読書会では「シルバーバーチは語る」23章 さまざまな質問に答える を学習しました。読書会ではその中から特に守護霊について学びました。

 守護霊は私たち地上人にとって最も身近で重要な霊です。
 彼らの導きがあってこそ、地上で霊的成長をすることができるのです。
 私たちが地上に再生する前から予定していた人生行路を歩めるように、常にどんなときも守り導いてくれています。
 困難を乗り越え魂を成長させることができるように応援してくれています。

 
 今回、守護霊について改めて学んで、自分からもっと守護霊に近づく努力をしなければならないと反省しました。
 日常生活の中ではついつい、守護霊の存在を忘れてしまいがちです。
 目に見えず、声が聞こえなくても、いつも(今この時もすぐ側にいて)私たちを愛し、献身的に働きかけてくれているのです。
 そんなすばらしい存在が身近にいることを知ったのですから、守護霊の導きをもっと得られるようこちらから接近する努力をしていかなければいけません。
 そしてもっと守護霊の影響力を得られるようになりたいと思います。

 
 以下はニューズレター6号に書かれている守護霊との関係を密接・強固にするための努力目標です。

 
 ● 守護霊が自分の背後にいて、愛し導いてくれていることを絶えず思い起こす。常に二人でいることを忘れない。
 ● 守護霊と通じやすい環境をつくる。
 ● 何か分からないことがあったら、守護霊に尋ねる。
 ● 常に、神と守護霊に感謝する。

 
 この4つの努力目標も知識として知っているだけでは意味がありません。
 毎日の生活の中で実践していこうと思います。 (K.H)


2012年5月の読書会

 今月の読書会では「シルバーバーチは語る」の22章「シルバーバーチ、子供と語る」から学びました。
この章ではルースとポールという二人の子供の様々な質問に、シルバーバーチが分かりやすく答えています。読書会ではその中から妖精について学習しました。

 これまで地上に一度も誕生したことのない霊的存在を「自然霊(精霊)」といいますが、この自然霊の中で高級なものが「天使」、低級なものが「妖精」とか「原始霊」と呼ばれています。妖精は霊的進化のレベルとしては天使や人間よりも低い段階なのですが、天使や人間と同じようにすべての妖精が永遠の進化の道をたどっています。 
 妖精は普段、エネルギー体として存在し、一定の形態を持ってはいませんが、時に光の点のように見えることがあります。妖精は地上の人間の観念に相応して、瞬間的に小さな人間や動物の姿をとることがあります。それが霊視能力の開けた霊能者に認識されることになります。

 自然界の創造・運行と維持に、天使と妖精の存在は欠かせません。妖精は動物界・植物界・鉱物界を管理する天使からの命令と愛を受け、自然界の末端の仕事に従事しています。植物に霊的エネルギーを届けるなど、天使の手足として働いています。妖精あっての自然界なのです。
 また自然界ばかりでなく私たち人間にも、妖精は深く関わっています。私たちが利他愛や摂理に沿った生き方を心がけるとき、妖精との良い関係を築くことが出来ます。そしてそれが彼らの進化を促し、現在よりももっとすばらしい自然環境を作り出すことにつながります。

 私は昔から児童文学が好きで、ファンタジーもよく読んでいました。妖精が出てくるような物語もいくつか読んだことがあったので、本当に妖精が存在するという事実を知ったときは、嬉しい驚きでした。
 そして、妖精の存在することの意味や妖精の果たす役割、人と妖精の関わりなどを学んでいく中で妖精が実在することを確信しました。
 現在はまだ多くの人には妖精の存在など信じられないことだと思いますが、将来人類の霊性が高まり、人々が摂理にかなった生き方が出来るようになったときには、妖精との協力関係の中で地上は美しい世界になっていると思います。 (K.H)

2012年3月の読書会

3月18日(日)の読書会に参加しました。

今月はスピリチュアリズム普及会から発行されているニューズレター37号と38号から、「スピリチュアリズムとは何か」について学びました。スピリチュアリズムとはどういうものなのか、という最も重要で尚且つ基本的な内容ですので今回は学習した内容をそのまま載せたいと思います。

1.スピリチュアリズムとは(スピリチュアリズムの本質について)

  ① 霊界主導の地球人類救済プロジェクト … 人類史上初の大プロジェクト
  ② 1848年フォックス家事件 … 地上展開の始め
  ③ スピリチュアリズム初期の心霊研究 … 霊魂説を証明して霊界通信の準備をする

2.地上の現状(6つの悲劇と2つのガン及びその根本原因)

   霊的無知 (根本原因)
     ↓

  物質主義・利己主義 (2つのガン)
     ↓

   6つの悲劇
     ↓

  地上地獄・暗黒世界

  
  「6つの悲劇」
  
  ① 戦争
  ② 貧困・飢餓
  ③ 間違った宗教による霊的弊害
  ④ 精神の堕落・心の危機
  ⑤ 動物虐待・環境破壊
  ⑥ 霊的未熟者による霊界の悲劇

3.スピリチュアリズムの目的
 
  霊的真理をもたらす

  ① 一人一人の霊的成長
  ② 霊的同胞世界の確立 … 最終目的

4.救いの方法

  霊的真理をもたらす方法
  霊界通信 … 三大霊訓

  アラン・カルデック 「霊の書」「霊媒の書」

  モーゼス 「霊訓」

  シルバーバーチの霊訓 …  人類史上最高の霊界通信
                    3つの中で一番優れたもの
                    他の2つを統合

5.まとめの図

  霊的無知 ⇒  物質中心主義・利己主義 ⇒ 悲劇・不幸
   ⇓       (地上の2つのガン)    (地上地獄)

 スピリチュアリズム 
   ⇓        ↓      ↓       ↓

  霊的真理 ⇒  霊中心主義・利他主義  ⇒ 霊的成長
                            (個人の救い)
                            霊的同胞世界
                           (全人類の救い)


6.具体的実践内容 (4項目)

  ① 霊主肉従の努力
  ② 利他愛の実践
  ③ 霊的真理の伝導
  ④ 苦しみ困難への正しい対処



(K.H) (E.H)  

読書会に参加すること

福岡サークルの読書会に参加させて頂くようになってから2年半以上が経ちました。
この間、シルバーバーチの霊訓がより身近なものになり、読書会に参加することも生活の一部になりました。

初めて読書会に参加したときのことです。ドアを開けて部屋に入った瞬間に部屋の中が光輝いているように感じたのを今でもはっきりと覚えています。とても穏やかで厳粛な雰囲気に、他の一般的な人々の集会とは違うものを感じました。初めは緊張していましたが、会が進むにつれ真理が深く心に入ってきて、心が高められるようでした。帰りの電車の中でもその昂揚感がずっと続いていた記憶があります。

あの日からほぼ毎月、読書会に参加していますが、真理をよりいっそう深く理解出来るようになっていっているように感じています。自分では分かったようなつもりでいても、理解できていなかったと後から思うこともよくあります。まだまだこれから先、日々の生活を通じて自分の未熟さと向き合っていく中で理解していくことがたくさんあるのだと思います。

参加者の人たちとの出会いも大きな励みになっています。読書会に参加する前から、スピリチュアリストとして歩んでいる父が身近にいたので独りではありませんでした。それでも日常生活の中で他のスピリチュアリストに出会うこともスピリチュアリズムに理解を示してくれる人も周りにほとんどいなかったので、シルバーバーチを読み、真摯に霊的真理と向き合う人たちがいると分かったときは嬉しかったです。

これからも読書会に参加し続けて、自分を高め霊界の道具として働けるようになりたいと思います。
そして現在、シルバーバーチを一人で読み、真剣にそれと向き合い、実践しようとされている方は思い切って読書会に参加されることをおすすめします。
きっと同志との学びの中で勇気をもらい、スピリチュアリストとして歩んでゆく力をもらえると思います。 (K.H)


プロフィール

E.H

Author:E.H

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ